放射線を発散させて人の生命等に危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律

平成十九年法律第三十八号
略称 : 放射線発散処罰法 
分類 法律
カテゴリ   工業
@ 施行日 : 令和元年九月一日 ( 2019年 9月1日 )
@ 最終更新 : 平成二十九年法律第十五号による改正
最終編集日 : 2021年 06月30日 16時06分

このページは、この法令の " 附則 ", " 別表 ", " 様式 " などの 附則規定を 一覧表示しています。
· · ·

# 第一条 @ 施行期日

1項
この法律は、核による テロリズムの行為の防止に関する国際条約が日本国について 効力を生ずる日から施行する。

# 第三条 @ 条約による国外犯の適用に関する経過措置

1項
第九条の規定は、この法律の施行の日以後に日本国について 効力を生ずる条約 並びに核物質の防護に関する条約 及びテロリストによる 爆弾使用の防止に関する国際条約により 日本国外において 犯したときであっても罰すべきものとされる罪に限り適用する。

# 第四条 @ 罰則の適用に関する経過措置

1項
この法律の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。
· · ·

# 第一条 @ 施行期日

1項
この法律は、公布の日から起算して二十日を経過した日から施行する。
· · ·

# 第一条 @ 施行期日

1項
この法律は、公布の日から起算して三月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。

# 第八十六条 @ 罰則の適用に関する経過措置

1項
この法律(附則第一条各号に掲げる規定にあっては、当該規定。以下この条において同じ。)の施行前にした行為 及び この附則の規定により なお従前の例によることとされる場合における この法律の施行後にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。
· · ·

@ 施行期日

1項
この法律は、核物質の防護に関する条約の改正が日本国について 効力を生ずる日から施行する。
· · ·

# 第一条 @ 施行期日

1項
この法律は、公布の日から起算して三年を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。