ストーカー行為等の規制等に関する法律施行規則

# 平成十二年国家公安委員会規則第十八号 #
略称 : ストーカー規制法施行規則  ストーカー法施行規則 

第十五条 # 警察本部長等による援助

@ 施行日 : 令和三年八月二十六日 ( 2021年 8月26日 )
@ 最終更新 : 令和三年国家公安委員会規則第八号による改正

1項

法第七条第一項
国家公安委員会規則で定める援助は、

次のとおりとする。

一 号

申出に係る ストーカー行為等をした者に対し、

当該申出をした者が当該ストーカー行為等に係る
被害を防止するための交渉(以下 この条において「被害防止交渉」という。)を円滑に行うために

必要な事項を連絡すること。

二 号

申出に係る ストーカー行為等をした者の
氏名 及び住所 その他の連絡先を教示すること。

三 号

被害防止交渉を行う際の心構え、交渉方法
その他の被害防止交渉に関する事項について 助言すること。

四 号

ストーカー行為等に係る被害の防止に関する活動を行っている
民間の団体 その他の組織がある場合にあっては、

当該組織を紹介すること。

五 号

被害防止交渉を行う場所として
警察施設を利用させること。

六 号

防犯ブザー
その他ストーカー行為等に係る被害の防止に資する物品の教示

又は貸出しをすること。

七 号

申出に係る ストーカー行為等について

  • 警告、
  • 禁止命令等

又は禁止命令等有効期間延長処分を
実施したことを明らかにする書面を交付すること。

八 号

その他 申出に係る ストーカー行為等に係る被害を
自ら防止するために適当と認める援助を行うこと。