特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律

# 平成二十八年法律第百十五号 #

第十条 # カジノ施設の設置及び運営に関する規制

@ 施行日 : 令和二年一月七日 ( 2020年 1月7日 )
@ 最終更新 : 平成三十年七月二十七日公布(平成三十年法律第八十号)改正

1項

政府は、

カジノ施設の設置
及び運営に関し、

カジノ施設における
不正行為の防止

並びにカジノ施設の設置
及び運営に伴う

有害な影響の
排除を適切に行う観点から、

次に掲げる事項について
必要な措置を講ずるものとする。

一 号

カジノ施設において行われる
ゲームの公正性の確保のために

必要な基準に関する事項

二 号

カジノ施設において用いられるチップ

その他の金銭の代替物の
適正な利用に関する事項

三 号

カジノ施設関係者
及びカジノ施設の入場者から

暴力団員
その他カジノ施設に対する関与が
不適当な者を排除するために

必要な規制に関する事項

四 号

犯罪の発生の予防 及び通報のための
カジノ施設の設置

及び運営をする者による
監視 及び防犯に係る
設備、組織

その他の体制の整備に関する事項

五 号

風俗環境の保持等のために
必要な規制に関する事項

六 号

広告 及び宣伝の
規制に関する事項

七 号

青少年の保護のために
必要な知識の普及

その他の青少年の健全育成のために
必要な措置に関する事項

八 号

カジノ施設の入場者が
カジノ施設を利用したことに伴い

ギャンブル依存症等の
悪影響を受けることを防止するために

必要な措置に関する事項

2項

政府は、
前項に定めるもののほか

外国人旅客以外の者に係る
カジノ施設の利用による
悪影響を防止する観点から、

カジノ施設に
入場することができる者の範囲の設定

その他のカジノ施設への入場に関し
必要な措置を講ずるものとする。