女性の職業生活における活躍の推進に関する法律

# 平成二十七年法律第六十四号 #
略称 : 女性活躍推進法 

第一章 総則

分類 法律
カテゴリ   労働
@ 施行日 : 令和四年四月一日 ( 2022年 4月1日 )
@ 最終更新 : 令和元年法律第二十四号による改正
最終編集日 : 2022年 09月22日 11時40分


1項

この法律は、近年、自らの意思によって職業生活を営み、又は営もうとする女性が その個性と能力を十分に発揮して職業生活において活躍すること(以下「女性の職業生活における 活躍」という。)が一層重要となっていることに鑑み、
男女共同参画社会基本法平成十一年法律第七十八号)の基本理念にのっとり、女性の職業生活における活躍の推進について、その基本原則を定め、並びに国、地方公共団体 及び事業主の責務を明らかにするとともに、

基本方針 及び事業主の行動計画の策定、女性の職業生活における活躍を推進するための支援措置等について定めることにより、女性の職業生活における活躍を迅速かつ重点的に推進し、もって男女の人権が尊重され、
かつ、急速な少子高齢化の進展、国民の需要の多様化 その他の社会経済情勢の変化に対応できる豊かで活力ある社会を実現することを目的とする。

1項

女性の職業生活における活躍の推進は、職業生活における活躍に係る 男女間の格差の実情を踏まえ、

自らの意思によって職業生活を営み、又は営もうとする女性に対する採用、教育訓練、昇進、職種 及び雇用形態の変更 その他の職業生活に関する機会の積極的な提供 及び その活用を通じ、
かつ、性別による固定的な役割分担等を反映した職場における慣行が女性の職業生活における活躍に対して及ぼす影響に配慮して、

その個性と能力が十分に発揮できるようにすることを旨として、行われなければならない。

2項

女性の職業生活における活躍の推進は、職業生活を営む女性が結婚、妊娠、出産、育児、介護 その他の家庭生活に関する事由により やむを得ず退職することが多いこと
その他の家庭生活に関する事由が職業生活に与える影響を踏まえ、

家族を構成する男女が、男女の別を問わず、相互の協力と社会の支援の下に、育児、介護 その他の家庭生活における活動について家族の一員としての役割を円滑に果たしつつ職業生活における活動を行うために必要な環境の整備等により、
男女の職業生活と家庭生活との円滑かつ継続的な両立が可能となることを旨として、行われなければならない。

3項

女性の職業生活における活躍の推進に当たっては、
女性の職業生活と家庭生活との両立に関し、本人の意思が尊重されるべきものであることに留意されなければならない。

1項

国 及び地方公共団体は、前条に定める女性の職業生活における 活躍の推進についての基本原則(次条 及び第五条第一項において「基本原則」という。)にのっとり、
女性の職業生活における 活躍の推進に関して必要な施策を策定し、及び これを実施しなければならない。

1項

事業主は、基本原則にのっとり、

  • その雇用し、又は雇用しようとする女性労働者に対する職業生活に関する機会の積極的な提供、
  • 雇用する労働者の職業生活と家庭生活との両立に資する雇用環境の整備

その他の女性の職業生活における 活躍の推進に関する取組を自ら実施するよう努めるとともに、
国 又は地方公共団体が実施する女性の職業生活における活躍の推進に関する施策に協力しなければならない。