検察官の俸給等に関する法律

# 昭和二十三年法律第七十六号 #
略称 : 検察官俸給法 

附 則

平成二六年一一月二八日法律第一三〇号

分類 法律
カテゴリ   司法
@ 施行日 : 令和元年十一月二十九日 ( 2019年 11月29日 )
@ 最終更新 : 令和元年十一月二十九日公布(令和元年法律第五十九号)改正
最終編集日 : 2021年 07月18日 20時30分


· · ·

# 第一条 @ 施行期日等

1項
この法律は、公布の日から施行する。ただし、第二条 及び附則第三条の規定は、平成二十七年四月一日から施行する。
2項
第一条の規定による改正後の検察官の俸給等に関する法律(次条において「新法」という。)の規定は、平成二十六年四月一日から 適用する。

# 第二条 @ 給与の内払

1項
新法の規定を適用する場合においては、第一条の規定による改正前の検察官の俸給等に関する法律の規定に基づいて支給された俸給 その他の給与は、新法の規定による 俸給 その他の給与の内払とみなす。

# 第三条 @ 経過措置

1項
附則第一条第一項ただし書に規定する 規定の施行の日(以下「一部施行日」という。)の前日から 引き続き検察官である者で、その受ける俸給月額が同日において受けていた俸給月額に達しないこととなるものには、平成三十年三月三十一日までの間において、その受ける俸給月額が一部施行日の前日において受けていた俸給月額に達するまでの間、俸給月額のほか、その差額に相当する額を俸給として支給する。
2項
一部施行日以降に新たに検察官となった者について、任用の事情等を考慮して前項の規定による 俸給を支給される検察官との権衡上必要があると認められるときは、当該検察官には、法務大臣の定めるところにより、同項の規定に準じて、俸給を支給する。
3項
次長検事 又は検事長(東京高等検察庁検事長を除く。)で、前二項の規定による 俸給を支給されるものには、検察官の俸給等に関する法律第一条第一項の規定により その例によることとされる特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律(平成二十六年法律第百六号)附則第五条の規定にかかわらず、平成三十年三月三十一日までの間、一般職の職員の給与に関する法律(昭和二十五年法律第九十五号)の適用を受ける職員の例により、地域手当を支給する。