地方交付税法

# 昭和二十五年法律第二百十一号 #

第十条 # 普通交付税の額の算定

@ 施行日 : 令和三年四月一日 ( 2021年 4月1日 )
@ 最終更新 : 令和三年法律第十九号による改正

1項

普通交付税は、毎年度
基準財政需要額が基準財政収入額をこえる地方団体に対して、

次項に定めるところにより交付する。

2項

各地方団体に対して交付すべき普通交付税の額は、

当該地方団体の基準財政需要額が
基準財政収入額をこえる額(以下本項中「財源不足額」という。)とする。


ただし、各地方団体について算定した財源不足額の合算額が
普通交付税の総額をこえる場合においては、

次の式により算定した額とする。

3項

総務大臣は、前二項の規定により交付すべき普通交付税の額を、
遅くとも毎年八月三十一日までに決定しなければならない。


但し、交付税の総額の増加 その他特別の事由がある場合においては、

九月一日以後において、普通交付税の額を決定し、
又は既に決定した普通交付税の額を変更することができる。

4項

総務大臣は、前項の規定により普通交付税の額を決定し、又は変更したときは、
これを当該地方団体に通知しなければならない。

5項

第三項ただし書の規定により
一部の地方団体について既に決定した普通交付税の額を変更した場合においては、

それがために他の地方団体について
既に決定している普通交付税の額を変更することはしないものとする。

6項

当該年度分として交付すべき普通交付税の総額が

第二項但書の規定により算定した各地方団体に対して
交付すべき普通交付税の合算額に満たない場合においては、

当該不足額は、当該年度の特別交付税の総額を減額して
これに充てるものとする。