地方交付税法

# 昭和二十五年法律第二百十一号 #

第六条 # 交付税の総額

@ 施行日 : 令和三年四月一日 ( 2021年 4月1日 )
@ 最終更新 : 令和三年法律第十九号による改正

1項
  • 所得税 及び法人税の収入額のそれぞれ百分の三十三・一
  • 酒税の収入額の百分の五十
  • 消費税の収入額の百分の十九・五

並びに地方法人税の収入額をもつて交付税とする。

2項

毎年度分として交付すべき交付税の総額は、

当該年度における

  • 所得税 及び法人税の収入見込額のそれぞれ百分の三十三・一
  • 酒税の収入見込額の百分の五十
  • 消費税の収入見込額の百分の十九・五

並びに地方法人税の収入見込額に相当する額の合算額に当該年度の前年度以前の年度における交付税で、

まだ交付していない額を加算し、又は当該前年度以前の年度において交付すべきであつた額を超えて
交付した額を当該合算額から減額した額とする。