警察拘禁費用償還規則

昭和三十五年法務省令第十九号
分類 府令・省令
カテゴリ   刑事
最終編集日 : 2021年 01月13日 00時26分

制定に関する表明

警察署内の留置場に拘禁又は留置せらるる者の費用に関する法律(明治三十五年法律第十一号)の
規定に基づき、

明治三十五年司法省令第四号(監獄費より都道府県に償還すべき費額を定める件)の
全部を改正する省令を次のように定める。

明治三十五年司法省令第四号(監獄費より都道府県に償還すべき費額を定める件)の
全部を改正する省令

明治三十五年司法省令第四号の全部を
次のように改正する。

· · ·
1項

警察署内の留置場に拘禁又は留置せらるる者の費用に関する法律(明治三十五年法律第十一号)の
規定により

監獄費から
都道府県に償還すべき費額は、

一人一日につき
千七百四十円とする。


ただし

拘禁 又は留置の初日は
一日として計算し、

釈放の日は
算入しないものとする。

#
· · · · ·