小学校設置基準

平成十四年文部科学省令第十四号
分類 府令・省令
カテゴリ   教育
最終編集日 : 2020年 07月31日 03時44分

T
  • 第一章 総則

  • 第二章 編制

  • 第三章 施設及び設備

制定に関する表明

学校教育法昭和二十二年法律第二十六号
第三条の規定に基づき、

小学校設置基準を
次のように定める。

第一章 総則

1項

小学校は、

学校教育法昭和二十二年法律第二十六号
その他の法令の規定によるほか、

この省令の定めるところにより
設置するものとする。

2項

この省令で定める設置基準は、

小学校を設置するのに
必要な最低の基準とする。

3項

小学校の設置者は、

小学校の編制、施設、
設備等が

この省令で定める設置基準より
低下した状態に
ならないようにすることはもとより、

これらの水準の向上を
図ることに努めなければならない。

第二章 編制

1項

一学級の児童数は、

法令に特別の定めが
ある場合を除き

四十人以下とする。


ただし

特別の事情があり、

かつ、教育上
支障がない場合は、

この限りでない。

1項

小学校の学級は、

同学年の児童で
編制するものとする。


ただし

特別の事情があるときは、

数学年の児童を
一学級に編制することができる。

1項

小学校に置く

  • 主幹教諭、
  • 指導教諭

及び教諭(以下この条において「教諭等」という。)の
数は、

一学級当たり一人以上とする。

2項

教諭等は、

特別の事情があり、

かつ、教育上
支障がない場合は、

  • 校長、
  • 副校長

若しくは教頭が兼ね、

又は助教諭
若しくは講師をもって

代えることができる。

3項

小学校に置く教員等は、

教育上
必要と認められる場合は、

他の学校の教員等と
兼ねることができる。

第三章 施設及び設備

1項

小学校の
施設 及び設備は、

  • 指導上、
  • 保健衛生上、
  • 安全上

及び管理上

適切なもので
なければならない。

1項

校舎 及び運動場の面積は、

法令に特別の
定めがある場合を除き

別表に定める
面積以上とする。


ただし

地域の実態 その他により
特別の事情があり、

かつ、教育上
支障がない場合は、

この限りでない。

2項

校舎 及び運動場は、

同一の敷地内
又は隣接する位置に

設けるものとする。


ただし

地域の実態 その他により
特別の事情があり、

かつ、教育上 及び安全上
支障がない場合は、

その他の適当な位置に
これを設けることができる。

1項

校舎には、

少なくとも 次に掲げる施設を
備えるものとする。

一 号

教室(普通教室、特別教室等とする。

二 号
図書室、保健室
三 号
職員室
2項

校舎には、

前項に掲げる施設のほか、

必要に応じて、

特別支援学級のための
教室を備えるものとする。

1項

小学校には、

校舎 及び運動場のほか、

体育館を
備えるものとする。


ただし

地域の実態 その他により
特別の事情があり、

かつ、教育上
支障がない場合は、

この限りでない。

1項

小学校には、

学級数 及び児童数に応じ、

  • 指導上、
  • 保健衛生上

及び安全上
必要な種類 及び数の

校具 及び教具を
備えなければならない。

2項

前項の校具 及び教具は、

常に改善し、
補充しなければならない。

1項

小学校は、

特別の事情があり、

かつ、教育上 及び安全上
支障がない場合は、

他の学校等の施設
及び設備を

使用することができる。